New

New

有限会社阿部製紙 阿部拓也さん

当たり前に身近にあった伝統技を、ビジネスとして次に残す 飯山市の伝統工芸品、内山紙。職人の手で作り出される1枚の和紙には、江戸時代から続く技と文化が詰まっています。もともとは障子紙として流通した内山紙。現代の生活様式への変化とともに需...
New

水野学さん

お客さんに選ばれる飯山にするために「経験価値」を高めたい 戸狩温泉スキー場の麓にある民宿「戸狩温泉アルペンプラザ」。 全34室あり、冬のスキー客をはじめ、春・秋の自然体験教室に訪れる首都圏の小中学生、夏は合宿にやって来る大学生な...
New

庚敏久さん

スノーシーズンだけではない、飯山の魅力を生かした仕事 千曲川、北竜湖でのカヌー、千曲川、信濃川でのラフティングツアーを提供する「パワードライブR117」代表の庚敏久さん。 「冬は毎年1m以上の雪が降り積もるのに、夏は裸になって水...
New

佐藤誠一さん

自分の持つ技術やアイディアで地元に恩返ししたい 「この仕事は、決まったものを作るのではなく、お客さんの希望を自分の手で形にするところが面白い」。 飯山駅の近くで営まれる「サトー看板店」の3代目、佐藤誠一さん。 車のボディに...
New

高橋政宏さん

不便がないのがいいところ、子ども達に残していきたい飯山の暮らし 飯山仏壇の伝統を受け継ぐ3代目、春栄堂の高橋さん。世のニーズとのギャップや後継者不足で、決して楽ではないと言われるものづくり産業。飯山に戻って8年目の高橋さんに、地元目線...
New

木内マミさん

なべくら高原の野菜とフレッシュハーブを多くの人に体感してほしい なべくら高原に開かれた「ひぐらし農場」で、20種近くのハーブを栽培している木内マミさん。農場は、父の順一さんが20代だった35年ほど前に一から切り開いた4.5ヘクタールの...
New

水野尚哉さん

飯山の風土が培ってきた食、これからのライフスタイルはここに 「自他ともに認める甘えん坊な末っ子。仲間からはアツすぎるって、よく言われます」。 2015年、米作りに取り組みはじめてわずか3年で、世界最高米を作り上げた水野さん。飯山...
New

第2期いいやま女性起業塾(第3回)

第2期いいやま女性起業塾 第3回が開催されました 9月12日(木)飯山市文化交流館なちゅらで第2期いいやま女性起業塾の第3回を開催しました。 7月からスタートした女性起業塾。 全3回のプログラムの最終回を迎えました。 講...
New

第2期いいやま女性起業塾(第2回)

第2期いいやま女性起業塾 第2回が開催されました 8月8日(木)飯山市文化交流館なちゅらで いいやま女性起業塾の第2回を開催しました。 講師は、長野県立大学CSIチーフ・キュレーターの秋葉芳江先生。 先輩の姿から学び、マイ事業を...
New

飯山Good Business Lab(GBL)第3回

第1期 飯山Good Business Lab(GBL)が開催されました 7月22日(月)~23日(火)飯山市公民館において、第3回GBLを開催しました。 第3回の課題。自社事業の整理、SWOT、Mission statementに...